プログラミングを始めるならどの言語から?

最初に取り組むならHTML/CSSがお勧めです

記事キーワード
, , ,

掲載日:2019年2月1日


こんにちは、なべのみです。

今日から2月が始まりましたね。

2019年が始まってまだ間もないと思いましたが、気づけばもう1月が終わりましたね。もう12分の一が終わりです。

さて、新年を迎えてから、何かを始めようという方も多いかと思います。

例えばここ最近はプログラミングを始める方も多いですよね?

そんな方々に、初めてプログラミングを学ぶ方にお勧めの言語を紹介します。

プログラミングを学ぶには何から始めればいいんだろう?という方

私はプログラミングを独学で学びましたが、独学で学ぶと、どうしてもモチベーションを維持できるかが大変重要になります。別に学習しなくても他に本業があったりすると、特に挫折しても問題ないですからね。

“いや!、そうじゃなくて私はプログラミングが学びたいのだぁ!!!!!!”

という方もいらっしゃると思います。

そのモチベーションを維持しながら学習をするのにちょうどよいのが、「HTML&CSS」になります。

HTML & CSS って?

この言語は、みなさんがよくインターネットでいろんなページを検索するとき、ブラウザでサイトを表示していますよね??

“Google Chrome”や”Internet Explorer”などをお使いかと思います。

HTML & CSSとは、まさにこのブラウザに表示させるための言語なのです。

じゃあみなさん、試しにメモ帳でサイトを作ってみよう!!

(えっ!?、そんな簡単に今すぐできるの!?)

はい、できます。試しにこの言葉をメモ帳に書いてみてください。

「やっほー!ためしにHTMLを書いてみたよ!!みんなもやってみよう!」

メモ帳に書いた様子です

ではこの言葉をメモ帳に書いて、データを保存するときに「○○(好きな名前).html」という名前で保存してみてください。これで完成です。拡張子はhtmlですよ?

左上がindex.htmlという名前になってるのが分かりますね?

じゃあどんな表示になるのか見てみましょう!!

そのデータをブラウザで実行してみてください。

ブラウザで実行ってなに?

ブラウザで表示することです。

どうやって?

右クリックで「プログラムから開く」に、よくお使いのブラウザがありますよね?それをクリックしてください。

index.htmlを右クリックするとメニューが表示されますよね?

そうするといかがですか?

こんな感じで表示されるはずですよ!!

これはGoogleChromeで表示した状態です

たった1分でブラウザに表示させることができるのがHTML & CSSです!

始めるなら目に見えて結果が分かるHTML & CSS !

こういったプログラミング言語をクライアントサイドスクリプトといいます。

もしくはフロントエンドの言語とも言います。

要するに一般ユーザが使う端末で表示させるためのプログラムの事ですね。

こんな感じで書いた文字がすぐに表示できる言語だと学習がかなり捗りやすそうですよね。

私もプログラミングを始めた時の最初の言語はこの言語でした。

HTML & CSSを学んでみようと思ったそこの方!!

こんなに簡単に表示できるのならちょっと興味湧いたかも。。。

と思った方!、素晴らしいと思います。

あとは最初にどういう学習方法をするのかでそのあとのレベルアップのスピードに差が生まれます。

私の経験上おススメなのは、オンラインサービスを利用することです。

例えば、Progateやドットインストールというサービスがおすすめです。

Progateはこちら!

ドットインストール はこちら!

何とこのコース、無料で利用出来て、しかもスライドで読み進めることができるほか、動画で学習なんかもできるのです!

何も知らなければ。ふつうは参考書を購入して学習を進めようと思うかもしれません。

ですがこれは地獄のように大変です。

そもそも読み方さえ分からないのに読めるはずがないんです…。

なので上記のサービスを使うことをお勧めします!!

しかもProgateは、開発環境がなくてもすぐにコードが書けることでも有名です。

本当は開発環境を整えないと言語というのは開発できないのですが、Progateは”そんな環境ないよ…。”という方でも安心して学習できるんですね。

ドットンストールは、動画形式で1本1~2分程度の短い動画を小出しにして1こずつ階段を上がっていく感じがいいですよ!

こちらは自分で開発環境を整える必要があるのですが、なんとその開発環境の整え方まで動画で教えてくれるのでこれまた便利です。

他にどんな言語があるの?

他にも言語はたくさんあります。

聞いたことのない名前ばかりで、正直”なんのこっちゃ?”となります。

ですが、一度興味を持てば急に面白くなるのがプログラミング言語の面白いところです。

どんな言語があるのかを知ることができるのも、先ほど紹介したサービスで知ることができます。興味を抱いたらぜひともチャレンジしてみては?

 

ちなみに言語には大きく大別して2つに分かれます。

①クライアントサイドスクリプト

②サーバーサイドプログラム

①は、要するに先ほどの言いましたが一般ユーザが使用する端末(PCやスマホ)で動くプログラム。

②は、例えば”楽天”などの大規模なECサイトなんかで、商品の情報をサーバーの中のデータベースに保存・管理して、それをお客様がサイトで検索をかけて閲覧するような仕組みのサイトの場合に、サーバーで動くプログラムの事を言います。

アカウントを作成して利用するサービスはどれもサーバーサイドプログラムが使用されているわけですね。

ただ、このサーバーサイドプログラムというのをはじめに学習で手を付けると、正直訳が分からなくなって挫折するかもしれません。なにせ目に見えて変化がすぐに分かりませんからね。。。

結局自分は何をしているのか分からず、理解できないまま学習を放棄してしまうんですよね。。

こういったことも踏まえて、やはり最初に学習するべき言語はHTML&CSSです!おススメです。

みなさんも上記のサービスを使ってみてサクッとブラウザに表示してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、一つの言語でコードの書き方が分かると、ほかの言語の書き方と共通している部分も割と多く、次のステップに進みやすいですよ!

 

それでは今回はこれにて失礼します!

みんなも頑張ろう!!

なべのみ