あの臭い水虫を薬を使わずに治療した意外な方法がヤバ過ぎた

記事キーワード

掲載日:2019年3月28日


HELLO,WORLD!!、なべのみです。

昨日に引き続き、大文字でご挨拶いたしました。

今回のお話は、あの”厄介で他人に物理的にも精神的にも迷惑“を掛けていく、あの「水虫」についてお話していこうと思います。

そろそろ冬も終わり、春が近づいております。そうなるとその次に待っているのはです!

実はわたくし、過去に水虫を患っていました。。。正直にいいます、患ってました。。。しかも最近まで。。。

(2回も言わなくてよい)

水虫を患った時期

わたくし、この水虫を患ったのは実は小学生くらいからだと自覚しております。

はっきりと記憶はありませんが、水虫に気づいたのは小さい時でした。

感染源は、わたくしの父親です。

父親は足の水虫がひどすぎて指の爪にまで水虫が広がっていたのを今でも記憶しております。

おそらくお風呂マットとか部屋の絨毯がわたしへの感染経路となったんでしょうね。

小さい時は水虫の知識なんて皆無でしたから、特に気にすることもありませんでした。

幸いにも私の場合は爪までは広がらず、指の間まででとどまっていました。

しかし、水虫って見た目が気持ち悪いし、しかも足の匂いの原因にもなりますし、自分が少しづつ大人になるにつれて自分の水虫に対して嫌悪感を抱くようになりました。

しかしかといって小さい頃の自分には水虫の対処に関する知識はありませんでした。

水虫を患って18年以上

こんなタイトルを聞いてビックリしますよね。

でもこれは事実です。

小学生の時から水虫を患って28歳まで一度も治らず患ってました。。。

さすがにこうやって振り返るとこの年数はカワイソスギル!!

自分のことながら可哀そうで目も当てられないですね。しかも子供の頃含めてですよ?

水虫に患っている間に一番苦労したことは、とにかく指の間を見られたくなかったことですね。

例えば中学や高校に通ってた頃なんかは、いろんなタイミングで裸足になることがありました。

体育や掃除の時間、部活なんかの時間でもそうです。

足の指の間の水虫の目立ちやすさって、足の甲を上から見たらぱっと見は分かりづらくて、よく見れば指の間からちらほら顔を覗かせてるのが見える、って感じですよね。

幸いにも私は指の間でとどまってたので、足を動かしていれば気付かれることはありませんでした。

(実は気づかれてたりして、こわい)

でも足の指の間の水虫って、足の裏側から見れば当然のように見えてるんですよね!

なので、お年頃の時期に他人になるべく足の裏を見せないようにするっていうのが精神的に辛かった!本当に!

しかも足に鼻を近づけるとどうしても足の臭さがすごいんですよね!

あの匂いはもう一生嗅ぎたくありません!!

水虫が治ったのは意外な方法

水虫を患ってから18年ほど、小学⇒中学⇒高校⇒大学⇒会社へと進み、会社を辞める5年目まで経過したその年、会社を辞める決意をしたので引っ越しをしました。

引っ越し先はシェアハウスで、シャワーが共同でした。

しかし、シャワーの排水溝がひどく水が流れにくくて、結局一度も使うことなく共同シャワーを使うことを辞めた私は、徒歩3分以内に温泉がある事を知り、その日から毎日温泉に通うことにしました。

温泉通いは毎日、合計2か月間続けまして、普段あまりお湯に浸かることが無かった私は毎日心地よい温泉生活をしておりました。

(その分お金は毎月1万円以上財布から飛んでいきましたが)

そんな温泉通いをしていた私の体にある異変が起き始めます

いつもはお風呂から上がった後は特に何でもなかった足の水虫だったのに、ある日突然温泉から上がった後、水虫を患っていた箇所の皮膚が急に強烈な”塩素のような”においを放ちはじめ、更に急な皮膚のふやけが残りはじめました。

え、なにこれ!?

とその時の私はパニックになりました。

基本的には温泉から上がった後は部屋で必ずドライヤーで足を乾かすようにしていました。

ですがドライヤー習慣はシェアハウスに引っ越してから始めた訳ではなく、割と大人になってから水虫拡大予防のためにずっと続けていた習慣です。別にその頃もこんな状態になったことは無かったのに、突然ですから驚きです。

1週間くらいは温泉から上がった後は強烈な塩素のようなにおいを放ち続け、皮膚のふやけをドライヤーで乾かす日を送っていました。

そしてその1週間が経ったとき、その足からなんと、、、

水虫が全く消えていたのです!!

これは冗談ではありません。まあ冗談に聞こえても別に構いませんが、本当の話です。

水虫症状特有のあの皮膚のめくれやその跡が一切無くなりました。

それから水虫特有のあの匂いもしなくなりました。

本当に信じられないくらい水虫が撃退されたんです。

そして現在…

温泉生活を一生続けるお金はさすがに無いので途中でやめましたが、温泉生活を辞めて半年以上、その後もドライヤーで足を乾かすことは一日たりとも欠かさず続けております。

そんな現在の私の足はどうなっているかというと…。

今も水虫は再発しておりません!!(やったね!!)

完治したかどうかは個人では判断はできかねませんが、少なくても水虫の匂いも全くしないし、皮膚のめくれも起きてません。

しかもみなさん、水虫が急激に異変を起こして完治に向かい始めたその温泉生活をしていた時期っていつ頃だと思いますか?

夏前なんですよ!実は!!

蒸れやすくなる夏の時期を前にして、水虫が徐々に悪化するどころか治っていったんですよ!?

なかなか信じられないかと思いますが、自分でも未だに治ったことが信じられません。

だって、小さい時から患っていた水虫ですからね。

あんなに長く患っていた水虫が、もう治らないのではと思っていたあの水虫が治ったんですよ。

水虫って相当な時間を掛けないと完治しないっていう話ならネットで沢山見てきましたから、素直にうれしかったです。

水虫が治った原因とは?

水虫が治った原因について心当たりがあるのは2点!!

1点目は、ドライヤーで乾かす生活を毎日欠かさずしていた事。

まあこれに関しては習慣化していたので努力にも入りません。

2点目は、温泉生活です。

多分これが大きいです。

よく温泉マットが感染経路だ!ってネットで見ますが、私の場合は温泉生活の間、普通に温泉マット踏んで歩いてました。

多分そこじゃなくて、重要なのは温泉に毎日浸かっていた事だと思います。

温泉には塩素消毒がされていますよね。

塩素はカビを撃退するのに効果があるといいます。

でも普通だったら温泉って毎日だとお金かかるのでなかなか通うものではありません。

きっと毎日通ったからこそ意味があったんじゃないかと思います。

それ以外に生活を変えた要素が無いのでほぼ確実にそこが要因です。

正直、水虫が治って生活の中で精神が楽になりました。

まあ今は別の要因で精神がヤバいのですが、その話はまた今度で。

もし水虫を治したい!!ということであれば、短期間でいいので、毎日欠かさず温泉に通って必ずお湯に浸かることをお勧めします。

何年もお薬とか病院に行ってお金かけるより、私みたいに短期的に2か月だけ温泉に通うだけで治るのですから、それに比べれば安いですし、毎日温泉に浸かるのはそもそも気持ち良いですから。

ぜひ通ってみてください!!

おすすめです!

以上、なべのみでした。